top of page

会社のコンセプトビジュアルをリニューアルしました

 社内会議室に掲示しているB0大パネルのコンセプトビジュアルが新しくなりました。

 描かれているのは日本神話に登場する機織りの祖神・天羽槌雄神(あまのはづちのおのかみ)。照大神を天の岩戸から誘い出す際に、文布(あや)を織ったとされる神様です。


 ビジュアル制作を担当してもらった赤岸K氏によると、「タニスタのメンバーを沢山の経糸(たていと)緯糸(よこいと)に見立て、作品を創り出しているイメージしたもので、出来上がっていく布地は・天岩戸・ヤマタノオロチ・天叢雲剣の絵巻になっています。」とのこと。

 経(たていと)となる「大いなる目標」を企業ビジョンとして掲げ、様々なカラーを持つ社員らが緯(よこいと)を紡ぐことで、多くの人々を惹きつけるような織物(作品)を紡ぐ。このイラストはまさに、タニスタが目指す姿と重なりあっていて、大きな感銘を受けるとともに身の引き締まる思いです。

 これから新ビジュアルを会社の旗印として、経営者・社員らが経(たていと)・緯(よこいと)をより高度に、丁寧に紡いでいくことで「感動につながる作品(モノ)づくり」を実現していきたいと思っています。











Comments


bottom of page